ワークシートの列全体を選択する方法です。
ColumnsプロパティとRangeプロパティを使って、列全体を選択する方法を説明します。

スポンサーリンク

Columnsプロパティを使う

一つの列を選択

・ColumnsプロパティでB列を選択する方法

Columns("B").Select

または、次のようにしても同じになります。

Columns("B:B").Select

もし、D列目を選択したいなら Columns("D") とします。

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル2670()
      
    Columns("B").Select    'B列を選択
  
End Sub

●マクロの実行結果

複数列の選択

・B列からC列を選択する方法

Columns("B:C").Select
サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル2675()
      
    Columns("B:C").Select    'B列からC列を選択
  
End Sub

●マクロの実行結果

・A列からE列までを選択する方法
A列、B列、C列、D列、E列を選択することができます。

Columns("A:E").Select

●マクロの実行結果

スポンサーリンク

Rangeプロパティを使う

一つの列を選択

B列を選択する方法

・RangeプロパティでB列を選択する方法

Range("B:B").Select

・EntireColumnで指定する方法
この場合、B列を選択するには、B1、B2,B3などのようにB列のセルを指定します。

Range("B2").EntireColumn.Select
サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル2680()
 
    Range("B:B").Select    'B列を選択
    'Range("B5").EntireColumn.Select  'B列を選択
 
End Sub

●マクロの実行結果

複数列の選択

・B列とC列を選択する方法

Range("B:C").EntireColumn.Select
サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル2685()
    
    Range("B:C").Select

End Sub

●マクロの実行結果

飛び飛びの列を選択する方法

・A列とB列、D列、G列H列I列を選択する方法
引数をカンマで区切ります。

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル2690()
     
    Range("A:B,D:D,G:I").Select
 
End Sub

●マクロの実行結果

アクティブセルのある列を選択する

アクティブセルの位置が”C4”にあるとき、上のマクロを実行するとC列が選択されます。

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル2695()
     
    ActiveCell.EntireColumn.Select
 
End Sub

●マクロの実行結果
アクティブセルの位置が”C4”にあるので、C列が選択されます。

以上で「列を選択するマクロ」の説明を終わります。




おすすめの記事