オブジェクトの階層構造と書式例

オブジェクトとは、何かの「操作」を指示する「対象物」のことをいいます。

Excelでは、「ワークシート」や「セルの範囲」、「図」や「グラフ」などを指します。

オブジェクトは階層構造になっていて、書式は上の階層から下の階層へ記述していきます。

オブジェクトの階層構造

オブジェクトの階層を図にすると、次のようになります。

•アプリケーションは「Excel」
•ブックは「Book1」や「Book2」など
•シートは「Sheet1」や「Sheet1」など
•セルは「RangeやCells」などを指します。

オブジェクトの取得と書式

■ 書式例
Book1(ブック1)のSheet1(シート1)のA1セルの内容を「123」にするという場合の書式例

マクロの書式

  1. オブジェクト1.オブジェクト2.オブジェクト3.Value=123
  2. 各要素は「.」ピリオドで接続します。
  3. 「=」は、右辺の値を左辺に「代入」するという意味です。

上位のオブジェクトを省略する書式例1

作業中のブックのSheet1(シート1)のA1セルの内容を「123」にする場合の書式例

マクロ書式

  1. オブジェクト1.オブジェクト2.Value=123
  2. 作業中のブックは省略可能

上位のオブジェクトを省略する書式例2

作業中のブックのアクティブシートの場合はシート名を省略することができる。
作業中のブックのアクティブシートのA1セルの内容を「123」にする場合は、シート名を省略することができる。

マクロ書式

  1. オブジェクト1.Value=123
  2. Range(“A1”).Value=123
  3. シートを省略することができます。
  4. Valueを省略することができます。
■ アクティブシートの場合
Book1のオブジェクトやSheet1のオブジェクトを書かないときは、アクティブブックのアクティブシートを対象にしているとみなされます。

オブジェクトの集合=コレクション

オブジェクトの集まったものを、「コレクション」といいます。

■ Workbooksコレクション

ブックが集まったものを「Workbooksコレクション」といいます。

■ Workbookオブジェクトの書式例
•ワークブックのBook1オブジェクトを取得する場合。

Workbooks(”Book1”)
 ’ブックの名前で取得する
Workbooks(1)
 ’何番目に開いたかというインデックス番号を示す

Worksheetsコレクション

シートが集まったものを「Worksheetsコレクション」といいます。

■ Worksheetオブジェクトの書式例
•ワークシートのSheet2オブジェクトを取得する場合。

Worksheets(”Sheet2”)
 ’ワークシートSheet2の名前で取得する
Worksheets(2)
 ’左から数えて2番めにあるシートを示す

Withステートメントで処理を簡潔にする

ひとつのオブジェクトに対して、さまざまな指示をする場合がよくあります。
例えば次のような場合です。

A2セルのフォントオブジェクトに対して

  1. 「MS Pゴシック」にする
  2. サイズを「16」にする
  3. 「太字」を設定する
  4. 「斜体」を設定する

•Withステートメントを使わない時

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Range("A2").Font.Name = "MS pゴシック"
Range("A2").Font.Size = 16
Range("A2").Font.Bold = True
Range("A2").Font.Italic = True

•Withステートメントを使う時

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

With Range("A2").Font
 .Name = "MS pゴシック"
 .Size = 16
 .Bold = True
 .Italic = True
End With

とても、見やすくなりますね。

オブジェクトを操作するプロパティとメソッドについては次の記事が参考になります。
■関連記事■ オブジェクトを操作するプロパティとメソッド

以上で「オブジェクトの階層構造と書式例」の説明を終わります。