VBAで基本になるオブジェクトの書き方について説明します。
Rangeオブジェクトは、実体がありません。
RangeプロパティやCellsプロパティを使って、Rangeオブジェクトを取得することになります。

スポンサーリンク

Rangeプロパティの書き方

 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル2005()
     
    Range("A1") = 20
    Range("A2,C2") = 30
    Range("A3:D3") = 40
    Range("A4", "D4") = 40
     
    Cells(6, 1) = 50
    Cells(7, "B") = 60
    Range(Cells(8, 1), Cells(9, 5)) = 70
     
End Sub
Range("A1") = 20

RangeプロパティでセルA1の書き方は、"A1"のように「”」ダブルクォーテーションを付けます。

Range("A2,C2") = 30

セルA2とセルC2を指定するときは、("A2,C2")のように「,」カンマで区切ります。

Range("A3:D3") = 40

セルA3からセルD3までの範囲を指定するときは、("A3:D3")のように「:」コロンで区切ります。

Range("A4", "D4") = 40

セルA4からセルD4までの、範囲を指定するときの別の書き方です。
("A4","D4")のように「,」カンマで区切ります。

スポンサーリンク

Cellsプロパティの書き方

 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル2005()
     
    Range("A1") = 20
    Range("A2,C2") = 30
    Range("A3:D3") = 40
    Range("A4", "D4") = 40
     
    Cells(6, 1) = 50
    Cells(7, "B") = 60
    Range(Cells(8, 1), Cells(9, 5)) = 70
     
End Sub
Cells(5, 1) = 50

CellsプロパティでセルA5の書き方は、(5,1)のように「,」カンマで区切ります。
(行,列 )カッコの中は、行と列の順になります。

Cells(7, "B") = 60

CellsプロパティでセルB6の書き方は、(7,"B")のように(7行目,"B列")という書き方もあります。

Range(Cells(8, 1), Cells(9, 5)) = 70

セルA8からセルE9までを指定するときは、Cells()とCells()を「,」カンマで区切ります。

●マクロの実行結果

スポンサーリンク

Worksheetオブジェクト

Worksheets("Sheet1")

ワークシートの位置(順番)に関係なく、"Sheet1"をオブジェクトにします。

Worksheets(1)
Sheets(1)

ワークシート名に関係なく、1番目にあるシート(Sheet2)をオブジェクトとします。

Workbookオブジェクト

Workbooks("Book1")

ワークブックの位置に関係なく、"Book1"をオブジェクトにします。

Workbooks(2)

ワークブックの位置に関係なく、2番目に開かれたブック(Book2)をオブジェクトとします。

以上で「Rangeなどのオブジェクトの書き方」の説明を終わります。




おすすめの記事