列の非表示と再表示のマクロ

Hiddenプロパティで指定した列を非表示にします。

コードのTrueをFalseに変更すると、再表示になります。

Columnsプロパティで列の非表示と再表示のマクロ

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2780()
     
    Columns(2).Hidden = True
    
    'Columns(2).Hidden = False
 
End Sub
Columns(2).Hidden = True 
’ 列Bを非表示にします
Columns(2).Hidden = False 
’ 列Bを再表示します

Rangeプロパティで列の非表示と再表示のマクロ

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2782()
     
    Range("C3").EntireColumn.Hidden = True
    
    'Range("C3").EntireColumn.Hidden = False
 
End Sub
Range(“C3”).EntireColumn.Hidden = True 
’ 列Cを非表示にします
Range(“C3”).EntireColumn.Hidden = False
’ 列Cを再表示にします

Columnsプロパティで列の範囲を指定して非表示

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2783()
     
    Columns("B:D").Hidden = True
    
    'Columns("D:D").Hidden = True
 
End Sub
Columns(“B:D”).Hidden = True 
’ 列B~列Dを非表示
Columns(“D:D”).Hidden = True
’ 列Dを非表示

Rangeプロパティで列の範囲を指定して非表示

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2784()
     
    Range("B2:D2").EntireColumn.Hidden = True
    
    'Range("B2,D2").EntireColumn.Hidden = True
 
End Sub

列Bを指定するには、B1,B2,B3・・・のように列Bの数字を選択します。

Range(“B2:D2”).EntireColumn.Hidden = True 
’ 列B~列Dを非表示
Range(“B2,D2”).EntireColumn.Hidden = True
’ 列Bと列Dを非表示(,)カンマで区切ります

指定したシートの列を非表示にする

シート2(Sheet2)を指定するには、Worksheets(“Sheet2”) または Worksheets(2) とします。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2785()
     
    Worksheets("Sheet2").Columns(2).Hidden = True
    
    'Worksheets(2).Columns(2).Hidden = True
 
End Sub
Worksheets(“Sheet1”).Columns(2).Hidden = True
Worksheets(1).Columns(2).Hidden = True 
’ Sheet1 の列を非表示

Worksheets(“Sheet2”).Columns(2).Hidden = True
Worksheets(2).Columns(2).Hidden = True
’ Sheet2 の列を非表示

●マクロの実行結果
heet2を開いてみると、列Bが非表示になっています。

列を挿入については次の記事が参考になります。
■関連記事■ 列を挿入するマクロ

以上で「列の非表示と再表示のマクロ」の説明を終わります。