行を選択するマクロ

ワークシートの行全体を選択する方法です。

RowsプロパティとRangeプロパティを使って、行全体を選択する方法を説明します。

Rowsプロパティで行を選択するマクロ

■ 一つの行を選択する場合

Rowsプロパティで2行目を選択する方法

Rows(2).Select または
Rows("2:2").Select

もし、4行目を選択したいなら Rows(4)やRows(“4:4”) とします。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2620()
     
    Rows(2).Select       '2行目を選択
 
End Sub

●マクロの実行結果

■ 複数行を選択する場合

2行目と3行目を選択します。

Rows("2:3").Select
  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2630()
    
    Rows("2:3").Select     '2行目と3行目を選択

End Sub

●マクロの実行結果

2行目から6行目までを選択する方法
2行、3行、4行、5行、6行を選択することができます。

Rows("2:6").Select

●マクロの実行結果

Rangeプロパティで行を選択するマクロ

■ 一つの行を選択する場合

Rangeプロパティで2行目を選択する方法

Range("2:2").Select

■ EntireRowで指定する方法

2行目を選択するには、A2,B2,C2などのようにセルを指定します。

Range("B2").EntireRow.Select
  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2640()
     
    Range("2:2").Select  '2行目を選択
    'Range("B2").EntireRow.Select  '2行目を選択
 
End Sub

●マクロの実行結果

複数行の選択

2行目と3行目を選択する方法

Range("2:3").Select
  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2645()
     
    Range("2:3").Select
 
End Sub

●マクロの実行結果

飛び飛びの行を選択する方法

■ 2行目から4行目、6行目、8行目から10行目を選択する方法

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2650()

    Range("2:4,6:6,8:10").Select

End Sub

●マクロの実行結果

アクティブセルのある行を選択する

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2660()
     
    ActiveCell.EntireRow.Select
 
End Sub

アクティブセルの位置が”C4”にあるとき、上のマクロを実行すると4行目が選択されます。

●マクロの実行結果
アクティブセルの位置が”C4”にあるので、4行目が選択されます。

ワークシートのすべてのセルを選択して処理については次の記事が参考になります。
■関連記事■ ワークシートのすべてのセルを選択して処理をする

以上で「行を選択するマクロ」の説明を終わります。