行を選択するマクロ

ワークシートの行全体を選択する方法です。
RowsプロパティとRangeプロパティを使って、行全体を選択する方法を説明します。

Rowsプロパティを使う

一つの行を選択

・Rowsプロパティで2行目を選択する方法

Rows(2).Select

または、次のようにしても同じになります。

Rows("2:2").Select

もし、4行目を選択したいなら Rows(4)やRows(“4:4”) とします。

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル2620()
     
    Rows(2).Select       '2行目を選択
 
End Sub

●マクロの実行結果

複数行の選択

・2行目と3行目を選択します。

Rows("2:3").Select 
サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル2630()
    
    Rows("2:3").Select     '2行目と3行目を選択

End Sub

●マクロの実行結果

・2行目から6行目までを選択する方法
2行、3行、4行、5行、6行を選択することができます。

Rows("2:6").Select

●マクロの実行結果

Rangeプロパティを使う

一つの行を選択

・Rangeプロパティで2行目を選択する方法

Range("2:2").Select

・EntireRowで指定する方法
この場合、2行目を選択するには、A2,B2,C2などのようにセルを指定します。

Range("B2").EntireRow.Select
サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル2640()
     
    Range("2:2").Select  '2行目を選択
    'Range("B2").EntireRow.Select  '2行目を選択
 
End Sub

●マクロの実行結果

複数行の選択

・2行目と3行目を選択する方法

Range("2:3").Select
サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
     
Sub サンプル2645()
     
    Range("2:3").Select
 
End Sub

●マクロの実行結果

飛び飛びの行を選択する方法

・2行目から4行目、6行目、8行目から10行目を選択する方法
引数をカンマで区切ります。

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル2650()

    Range("2:4,6:6,8:10").Select

End Sub

●マクロの実行結果

アクティブセルのある行を選択する

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル2660()
     
    ActiveCell.EntireRow.Select
 
End Sub

アクティブセルの位置が”C4”にあるとき、上のマクロを実行すると4行目が選択されます。

●マクロの実行結果
アクティブセルの位置が”C4”にあるので、4行目が選択されます。

[article id=”4047″ cat_name=”1″ layout=”list”]

以上で「行を選択するマクロ」の説明を終わります。