ここでは、作成したマクロの保存方法を説明します。
例えば、次のような「セルに罫線を引く方法」というマクロを含んだファイルがあります。

Excelでマクロを含むブックを保存するには、ファイルの形式を「Excelマクロ有効ブック」として保存する必要があります。

スポンサーリンク

マクロ有効ブックを保存する方法 Excel 2019

Excel 2019 の場合

1.マクロを含むExcelブックを開きます。
エクセルの画面で「ファイル」タブをクリックします。

2.「名前を付けて保存」を選択して、「参照」をクリックします。

3.「名付けて保存」の画面が表示されます。
この画面で、マクロ有効ブックの保存場所を選びます。
ここでは、保存場所がわかりやすいように「デスクトップ」にします。

4.ファイルの種類が重要です。
ファイルの種類をクリックすると、保存の種類を選べます。

5.ファイルの種類には次のようなものがありますが、マクロを保存するには「Excelマクロ有効ブック」をクリックします。

6.「保存」をクリックします。

7.エクセルのファイルが「マクロ有効ブック」として、デスクトップに保存されました。

Excel 2007 の場合

1.「Office」ボタンをクリック
「名前を付けて保存」→「マクロ有効ブック」をクリック。

2.保存先を指定します。
ここではドキュメントにあるマクロに保存してみます。
ファイル名を入れて、ファイルの種類が「マクロ有効ブック」になっていることを確認します。
保存をクリック。

3.Excelマクロのファイルの保存終了です。

スポンサーリンク

保存したファイルのアイコン

マクロのファイルのアイコンの違い
図のように、マクロ有効ブックのアイコンはExcelブックのアイコンと違います。

また、拡張子も「マクロ有効ブック」は「.xlsm」、「Excelブック」は「.xlsx」となっています。

以上で「Excel 2019 マクロ有効ブックを保存する方法」の説明を終わります。




おすすめの記事