マクロを実行すると、セルのデータ、書式、行の高さ、列の幅などが変更される場合があります。

マクロを修正したり、再実行をするときに、元の状態に戻したいときがあります。

変更された設定などを元に戻すための、マクロを作っておくと何かと便利ですから作り方を説明します。

スポンサーリンク

すべてのセルを元に戻すマクロの記録

マクロの記録で次の操作をします。

マクロの記録までの操作手順
1.Excelのファイルを開きます。
2.「開発タブ」>「マクロの記録」をクリックします。
3.「マクロの記録」のダイアログが開きます。
4.名前を「」とします。
5.「OK」をクリックします。
6.マクロの記録が「開始」されます。
操作手順
1.全部のセルを選択します。
2.「ホームタブ」>「書式」>「セルの書式設定」>「標準」>「OK」をクリック。
3.「ホームタブ」>「書式」>「行の高さ」をクリック。
4.「18.75」>「OK」をクリック。
5.「ホームタブ」>「書式」>「列の幅」をクリック。
6.「8.38」>「OK」をクリック。
7.「Delete」デリートキーを押します。
8.セルA1を選択します。
9.マクロの記録を終了します。

マクロの記録のコードは次のようになります。

Sub 全セルの既定値への復帰()
'
' 全セルの既定値への復帰 Macro
'

'
    Cells.Select
    Selection.NumberFormatLocal = "G/標準"
    Selection.RowHeight = 18.75
    Selection.ColumnWidth = 8.38
    Selection.ClearContents
    Range("A1").Select
End Sub

VBAのコードで書くと次のようになります。

Sub 全セルの既定値への復VBA()

    Cells.Select
    With Selection
        .NumberFormatLocal = "G/標準" '書式を標準に戻します。
        .RowHeight = 18.75       '行の高さを変更します。
        .ColumnWidth = 8.38       '列の幅を変更します。
        .ClearContents          'データをクリアします。
    End With
        
    Range("A1").Select
    
End Sub

大きな違いはありません。

共通な「Selection」を「Withステートメント」でまとめました。

スポンサーリンク

マクロの実行結果

次のような、日付と数値の表がある時、書式やデータなどが元に戻ります。

マクロを1行づつ実行すると、次のようになります。

1.日付が標準に戻ります。

2.行の高さが変更されます。

3.列の幅が変更されます。

4.セルのデータがクリアされます。

マクロの保存

「全セルの既定値への復帰」という名前で、保存します。

1.「ファイル」>「名前をつけて保存」>「参照」>デスクトップ
2.「ファイルの種類」>「Excelマクロ有効ブック」
3.「ファイル名」>「全セルの既定値への復帰」
4.「保存」をクリックします。

保存に関しては、次を参照してください。

以上で「セルのデータ、書式を元に戻すマクロ」の説明を終わります。




おすすめの記事