エクセルでは、マクロを含むブックを開いたとき、悪質なマクロウィルスなどに感染しないように、既定では「セキュリティの設定」によりファイルが自動では「開かない設定」になっています。
セキュリティの設定の確認と変更について説明します。

スポンサーリンク

マクロのセキュリティの設定を確認する方法

Excel 2019 の場合

マクロのセキュリティの設定は、次のようにして確認することができます。

1.エクセルのワークシートの「開発」タブにある「マクロのセキュリティ」をクリックします。

2.「トラストセンター」が開きます。
通常は、「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」にチェックを入れておきます。

この場合は、マクロファイルを開くと警告が出ます。

「OK」をクリックします。

Excel 2007 の場合

1.エクセルのワークシートの「開発」タブにある「マクロのセキュリティ」をクリックします。

2.「セキュリティセンター」が開きます。
通常は、「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」にチェックを入れておきます。

この場合は、マクロファイルを開くと警告が出ます。

「OK」をクリックします。

マクロを開いたとき警告のメッセージが表示されない時

マクロのファイルを開いた時、セキュリティの設定を変更しても、次の図のような警告のメッセージバーがでない場合があります。

この場合は「トラストセンター」の左側のメニューから「メッセージバー」を選択します。
「メッセージバーの表示」にある、「ActiveX コントロールやマクロなど・・・」にチェックが入っているか確認しましょう。

スポンサーリンク

常にマクロを有効にしてブックを開く方法

安全なマクロであることがわかっているマクロを開く場合、毎回マクロを有効にする作業をするのは面倒です。このような時には、特定のフォルダを「信頼できる場所」とします。
安全なマクロをわかっているブックをこのフォルダに保存することで、自動的にマクロを有効にすることができます。

信頼できる場所の作り方

1.「開発」タブ→「マクロのセキュリティ」をクリックします。
「トラストセンター」を開きます。

2.左のメニューから「信頼できる場所」をクリックします。
「新しい場所の追加」をクリックします。

デスクトップに「マクロ練習」というフォルダを作り、このフォルダを「信頼できる場所」に設定します。

3.「Microsoft Office の信頼できる場所」が開くので、「参照」をクリックします。

4.「参照」の画面で、デスクトップをクリックします。
「マクロの練習」のファルダを選びます。
「OK」をクリックします。

5.「信頼できる場所」としてデスクトップの「マクロ練習」フォルダが設定されました。
「OK」をクリックして画面を閉じます。

以上で「Excel マクロのセキュリティの設定方法」の説明を終わります。




おすすめの記事