「Excelを使っているけど、マクロはやったことがない」という人が、マクロを作れるようになるにはどうしたら良いでしょうか?

1.マクロの記録を使って、マクロを作る。
2.マクロを実行する。
3.マクロの記録でコードが、どのように書かれているかを見てみる。
4.マクロの記録を修正して、自分にあったものにする。
5.修正したマクロが正しく動くかどうかを確認する。
6.マクロを保存する。

というように、覚えていくのが良いと思います。

スポンサーリンク

マクロの記録の使い方

たとえば、次のようなエクセルの操作を、VBAのコードで書いてマクロを作る場合で考えてみます。

1.セルB2を選択します。
2.セルB2に”5”を入力します。

たった、これだけのことでもマクロで書く場合、はじめての人には何をどう書いたら良いかわからないと思います。

しかし、「マクロの記録」を使えば次のようなコードになることがわかります。

Sub Macro1()
'
' Macro1 Macro
'
    Range("B2").Select 
    ActiveCell.FormulaR1C1 = "5" 
End Sub

「マクロの記録」を使うには、むずかしい操作はいりません。また、VBAの用語もほとんど必要ありません。

「マクロの記録」を使うとエクセルの操作が記録されるので、コードがわからなくてもマクロを作ることができます。

マクロ記録の作成手順

エクセルの機能にある「マクロの記録」を使って、次のような簡単なマクロを作ります。

セルB2に「こんにちは!はじめてのマクロです。」と表示させるマクロを作ります。
次に、作成したマクロの「実行」と「保存」の方法を説明します。

1.エクセルのシートを新しく開きます。
現在のシートはSheet1です。

2.開発タブの「マクロの記録」をクリックします。

3.「マクロの記録」ダイアログになります。
「マクロ名」は変更することができます。
「OK」をクリックします。

4.「マクロの記録」が始まります。
セルB2を選択します。
セルB2に「こんにちは!はじめてのマクロです。」と入力します。

5.セルA1を選択します。
マクロの記録の「記録終了」をクリックします。
これで、マクロが完成しました。

作成したマクロの実行方法

1.マクロを実行するファイルを開きます。
マクロのファイルを開いたときに、セキュリティの警告がでたときは「コンテンツの有効化」をクリックすればファイルを開くことができます。

2.Sheet1には、データが入っているので、Sheet2を開きます。
マクロの実行は、開発タブにある「マクロ」ボタンをクリックします。

3.マクロのダイアログが開きます。
今回作成したマクロは、マクロ名の「Macro1 」に登録されています。
「実行」をクリックします。

4.Sheet2のセルB2に「こんにちは!はじめてのマクロです。」と入力されました。
マクロは正常に動きました。

マクロの保存方法

せっかく作ったマクロですから保存の方法を覚えましょう。

1.ファイルのタブをクリックします。

2.情報画面の「名前を付けて保存」をクリックします。

3.名付けて保存の画面の「参照」をクリックします。(このPCを「Wクリック」しても「OK」です)

4.ここでは保存場所に「デスクトップ」を選びました。

5.マクロのファイルを保存するには、ファイルの種類を「Excelマクロ有効ブック」にする必要があります。
ファイル名を入力して、「保存」をクリックします。

 「Excelマクロ有効ブック」にしないと、マクロのファイルは保存できませんので注意が必要です。

6.これでデスクトップに保存できました。

スポンサーリンク

マクロのコードを見る方法

「マクロの記録」のコードが、どのようになっているかを見ることができますので紹介します。

1.開発タブの「Visual Basic」のボタンをクリックします。

2.VBE(Visual Basic Editor)の画面が開きます。
標準モジュールにあるプラス(+)をクリックします。

2.「Module1」を「Wクリック」します。
右側にコードが表示されます。

3.セルB2に「こんにちは!はじめてのマクロです。」と表示するマクロのコードです。

Sub Macro1()
'
' Macro1 Macro
'
    Range("B2").Select
    ActiveCell.FormulaR1C1 = "こんにちは!はじめてのマクロです。"
    Range("A1").Select
End Sub

以上で「マクロの記録の作成手順と使い方」の説明を終わります。




おすすめの記事