VBAのコードを書くには文法(決まった書き方)があります。

文法に従った書き方をしないと、マクロが動かないし「エラー」になります。

ここでは、「Rangeオブジェクト」を使って、3つの基本的な文法を説明します。

スポンサーリンク

VBAの3つの基本的な文法

エクセルの操作の対象物を「オブジェクト」といいます。

Range("A1").Value

1.オブジェクト.属性名(プロパティ)
セルA1の内容を知るというものです。

Range("A1").Value=123

2.オブジェクト.属性名(プロパティ)=値
セルA1の内容を「123」にするというものです。

Range("A1").Select

3.オブジェクト.動作(メソッド)
セルA1を、選択するというものです。

文法としては、オブジェクト . プロパティ のように「ピリオド」で結びます。

何かの「値」を取得する場合

Range("A1").Value の意味は、セルA1に入っているデータを取得するということです。 

図のように、セルA1に数値の2000が入っているなら
Range("A1").Value は2000という数値を取得しているということになります。
Valueは、ここではセルの内容を示す「プロパティ」です。

何かの「値」を設定する場合

文法としては、オブジェクト.プロパティ=値 と書きます。

Range("A1").Value = 100 'A1セルの内容を100にします。

値が「文字」の場合は、次のように「ダブルクオーテーション」で囲みます。
Range("A1").Value = ”おはよう”

•Valueプロパティは「値」を設定する場合、次のように省略することができます。

 =(イコール)の意味
左辺=右辺
右辺の値などを、左辺に代入するということです。

何かに「動作」を指示する場合

文法としては、オブジェクト.メソッド と書きます。

Worksheets("Sheet1").Range("A1").Select 'シート1のA1セルを選択します。

Selectは、選択するメソッドです。

以上で「VBAの基本的な文法」の説明を終わります。




おすすめの記事