Visual Basic Editorの起動と終了

Visual Basic Editorの起動

Visual Basic Editorのことを「VBE」と表示する場合もあります。

VBEの起動方法

  1. ショートカットから起動する方法
  2. 開発タブから起動する方法

ショートカットから起動する方法

覚えてしまえば、ショートカットからVBEを起動する方法が一番簡単です。

ショートカットからVBEを起動する方法ならば、Excelのバージョンに関係なく起動することができます。

1.エクセルをアクティブにして、「Alt+F11」キーでVisual Basic Editorを起動することができます。

2.Visual Basic Editorが起動します。

開発タブから起動する方法

1.エクセルを開いて、「開発タブ」をクリック。

2.「Visual Basic」のアイコンをクリック。

3.Visual Basic Editorが起動します。

4.「アイコン」>「標準モジュール」をクリック。
または、ツールバーの「挿入」>「標準モジュール」をクリック。

5.標準モジュール(Module1)が挿入されました。

実際のVBAのコードは、右側の欄(標準モジュールのmodule1)に記述します。

Visual Basic Editorの終了

●Visual Basic Editorの終了は、右上の「×」印をクリックするのがいちばん簡単です。

●「ファイル」メニューで、上下方向 キーを押して「終了してMicrosoft Excelへ戻る」をクリックしてもOKです。

VBE(Visual Basic Editor)の画面構成については次の記事が参考になります。
■関連記事■ VBE(Visual Basic Editor)の画面構成の説明

以上で「Visual Basic Editorの起動と終了」の説明を終わります。