VBAのコードを使って、マクロをVBE(Visual Basic Editor)に記述します。

VBAのコードを記述する場所は、「標準モジュール」というフォルダの「Module1」に記述します。

最初、VBEには「Module1」が用意されていませんので、ここで「Module1」の挿入方法を説明します。

スポンサーリンク

標準モジュールの挿入方法

1.エクセルを開いて「Alt+F11キー」でVBEを開きます。

2.VB Editorの画面から、「挿入」-「標準モジュール」をクリックします。

3.標準モジュールが挿入されます。

  1. コードウィンドウが表示されます。
  2. プロジェクトエクスプローラーに標準モジュールとModule1が表示されます。
  3. タイトルバーがModule1(コード)になリます。
  4. 右側の「コードウィンドウ」にコードを記述するわけです。

4.プロジェクトエクスプローラーの構造
プロジェクトエクスプローラーはツリー構造になっています。

標準モジュールの追加方法

標準モジュールは、1つのVBAプロジェクトで、何個も標準モジュールを持つことができます。

追加したモジュールは、自動的に番号が付けられ「Module1」「Module2」と表示されます。

●VB Editorの「挿入」→「標準モジュール」をクリックします。
「標準モジュール」の中に「Module2」が追加される。

スポンサーリンク

標準モジュールの削除方法

「Module2」を削除する場合

1.対象のモジュールを「右クリック」します。
メニューから「Module2の解放」をクリック。

2.または「Module2」をクリックしてから、「ファイル」→「Module2の解放」をクリック。

3.削除の画面になります。
「いいえ」を選ぶとそのまま削除になります。

「モジュールの開放」=マクロの削除になります。

以上で「標準モジュールの挿入方法と削除方法」の説明を終わります。




関連キーワード
おすすめの記事