確認用マクロのひな形を作成する

マクロを学習するときに、あらかじめ「マクロを手軽に試せるテスト用ひな形」があると便利です。

ここではサンプルを実行するための、「テスト用ひな形」を作成します。

空のテスト用ひな形マクロの作り方

新規のエクセルを開きます。
「開発」タブをクリックします。

「開発」タブのメニューにある、「Visual Basic」をクリックします。

VBEが開きます。
「挿入」→「標準モジュール」をクリックします。

標準モジュール(Module1)が挿入されました。

確認用マクロを保存する

作成した確認用マクロを、デスクトップに保存しておきます。
デスクトップに保存するのは、いつでも使えるようにするためです。

確認用マクロのエクセルの画面で、ファイルをクリックします。

「名前を付けて保存」をクリックします。

「参照」をクリックします。

「名前を付けて保存」の画面で、デスクトップを選択します。

「ファイルの種類」の右にある「∨」をクリックします。
「Excel マクロ有効ブック」を選択します。

「ファイル名」に「確認用マクロ」と入れます。
「保存」をクリックします。

デスクトップに「確認用マクロ」のアイコンが作成されました。

確認用マクロの使い方

エクセルのセルB1に「今日の日付」を入れるというマクロがある場合の、「確認用マクロの使い方」を説明します。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub 今日の日付入力()

    'セルB1に今日の日付を入れる
    Worksheets("sheet1").Range("B1") = Date
    
    'セルの幅を自動的に調整する
    Range("B1").CurrentRegion.Columns.AutoFit
 
End Sub

デスクトップにある「確認用マクロ」を「Wクリック」して起動します。
セキュリティの警告がでる場合は、「コンテンツの有効化」をクリックします。

「開発」→「Visual Basic」→「VBE」を開きます。

上にある「サンプル」のコードをWクリックしてコピーします。
「Module1」のコードウィンドウに貼り付けます。

VBEの「実行」をクリックします。

マクロ名の選択画面で、「今日の日付入力」を選択して「実行」をクリックします。

マクロが実行されて、セルB1に日付が入力されました。

確認マクロをそのまま終了する方法

マクロの確認が終わったら、画面右上の「×」で閉じます。

保存の確認画面がでますので、「保存しない」をクリックします。
これで元の状態に戻ります。

保存する場合は、「Excel マクロ有効ブック」として保存します。

以上で「確認用マクロの作り方と使い方」の説明を終わります。