Valueプロパティの省略

セルをRangeプロパティやCellsプロパティで指定するとき、Vlueプロパティは省略することが多いです。

Valueプロパティを省略できるとき

Rangeオブジェクトでは、プロパティを省略することができます。

Rangeオブジェクトでプロパティを省略すると、Valueプロパティが指定されたものとみなされます。

<.Valueを付けた書き方>
Range(“C2”).Value=”マクロ” 
Cells(3,3).Value=20

<.Valueを省略した書き方> 
Range(“C2″)=”マクロ”
Cells(3,3)=20

Valueプロパティを省略できないとき

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2010()

  Sheets(1).Range("A11:B15").Value = Sheets(1).Range("A1:B5").Value
  Sheets(1).Range("A11:B15") = Sheets(1).Range("A1:B5").Value

End Sub
<省略できないときの例>
Sheets(1).Range(“A11:B15”).Value = Sheets(1).Range(“A1:B5”).Value 
’ 右辺のセルA1からセルB5の値が、左辺のセルA11からセルB15へ代入されます。

Sheets(1).Range(“A11:B15”) = Sheets(1).Range(“A1:B5”).Value
’ 左辺にあるValueは、省略することができます。
’ 右辺のValueは省略できません。

右辺のValueプロパティは、セルA1からセルB5の値を取得するという意味なので、これを省略するとセルの値を取得できないことになります。

●マクロの実行結果
どちらのコードも同じ結果になります。

Rangeなどのオブジェクトについては次の記事が参考になります。
■関連記事■ Rangeなどのオブジェクトの書き方

以上で「Valueプロパティの省略」の説明を終わります。