シート見出しの表示と非表示を設定するマクロ

ブックの左下にシート見出(タブ)がありますが、「DisplayWorkbookTabsプロパティ」でシート見出しの表示と非表示を設定することができます。

シート見出しの表示と非表示を設定するマクロ

Windows(“ブック名”).DisplayWorkbookTabsプロパティ(False)

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル4090()
  
    ActiveWindow.DisplayWorkbookTabs = False
     
End Sub
ActiveWindow.DisplayWorkbookTabs = False

DisplayWorkbookTabs = Falseに設定すると、シートの見出しを「非表示」にすることができます。

●マクロの実行結果

Windows(“ブック名”).DisplayWorkbookTabsプロパティ(True)

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル4095()
  
    ActiveWindow.DisplayWorkbookTabs = True
     
End Sub
ActiveWindow.DisplayWorkbookTabs = True

DisplayWorkbookTabs = Trueに設定すると、シートの見出しを「表示」にすることができます。

●マクロの実行結果

DisplayWorkbookTabsプロパティの注意

[aside type=”warning”]DisplayWorkbookTabsプロパティの設定は、Excelを終了しても有効のままなので、実行後はDisplayWorkbookTabsプロパティの設定をFalseからTrueに戻してください。[/aside]

以上で「シート見出しの表示と非表示を設定するマクロ」の説明を終わります。