ワークシートを表示と非表示にするマクロです。

スポンサーリンク

ワークシートの表示と非表示の設定をするマクロ

Worksheets("シート名").Visibleプロパティ(False,True)

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル4070()
  
    Worksheets("Sheet1").Visible = False
  
End Sub
Worksheets("Sheet1").Visible = False

ワークシート("Sheet1")を「非表示」にします。

●マクロの実行結果
ワークシート”Sheet1” が非表示になります。

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル4075()
  
    Worksheets("Sheet1").Visible = True
  
End Sub
Worksheets("Sheet1").Visible = True

ワークシート("Sheet1")を「表示」にします。

●マクロの実行結果
ワークシート”Sheet1” が表示されます。

スポンサーリンク

Visibleプロパティ(xlSheetHidden,xlSheetVisible)

Visible=xlSheetHidden

Visible = Falseに設定した場合と同じになります。

Visible = xlSheetVisible

Visible = Trueに設定した場合と同じになります。

以上で「ワークシートの表示と非表示の設定をするマクロ」の説明を終わります。




おすすめの記事