新規ブックのシート数を設定するマクロ

新しく作成するブックのワークシート数を設定します。

このマクロでは、ワークシート数を設定した後に、新規ブックを作成して設定を確認しています。

SheetsInNewWorkbookプロパティで設定した値は、デフォルトとして保存されるため、初期値を取得して終了時に元の設定に戻しています。

新規ブックのシート数を設定するマクロ

SheetsInNewWorkbookプロパティで新しく作成するブックのワークシート数を設定します。Long型のプロパティです。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル3240()

    Dim Def As Long
    Dim AfChangeDef As Long
     
    Def = Application.SheetsInNewWorkbook
    Application.SheetsInNewWorkbook = 5
    Workbooks.Add
    AfChangeDef = ActiveWorkbook.Worksheets.Count
     
    MsgBox "シート枚数が" & Def & "枚から" _
            & AfChangeDef & "枚に変更されました"
             
    Application.SheetsInNewWorkbook = Def
         
End Sub
Dim Def As Long 
’ 変数DefをLong型で宣言します。
Dim AfChangeDef As Long 
’ 変数AfChangeDefをLong型で宣言します。
Def = Application.SheetsInNewWorkbook 
’ シート枚数の初期値を取得します。
Application.SheetsInNewWorkbook = 5 
’ シート枚数の設定数
Workbooks.Add 
’ 新規のブックを作成します。
AfChangeDef = ActiveWorkbook.Worksheets.Count 
’ シート枚数の取得
MsgBox “シート枚数が” & Def & “枚から” & AfChangeDef & “枚に変更されました” 
’ メッセージボックスに枚数を表示します。
Application.SheetsInNewWorkbook = Def 
’ 設定した値はデフォルトとして保存されるため、初期値を取得して終了時に元の設定に戻しています。

●マクロの実行結果
新規ブックが作成されます。
ワークシート数が3枚から5枚に設定されました。

開いているブックの数を表示するマクロについては次の記事が参考になります。
■関連記事■ 開いているブックの数を表示するマクロ

以上で「新規ブックのシート数を設定するマクロ」の説明を終わります。