新規ブックのシート数を設定するマクロ

新しく作成するブックのワークシート数を設定します。

このマクロでは、ワークシート数を設定した後に、新規ブックを作成して設定を確認しています。

SheetsInNewWorkbookプロパティで設定した値は、デフォルトとして保存されるため、初期値を取得して終了時に元の設定に戻しています。

新規ブックのシート数を設定するマクロ

SheetsInNewWorkbookプロパティ

新しく作成するブックのワークシート数を設定するLong型のプロパティです。

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル3240()

    Dim Def As Long
    Dim AfChangeDef As Long
     
    Def = Application.SheetsInNewWorkbook
    Application.SheetsInNewWorkbook = 5
    Workbooks.Add
    AfChangeDef = ActiveWorkbook.Worksheets.Count
     
    MsgBox "シート枚数が" & Def & "枚から" _
            & AfChangeDef & "枚に変更されました"
             
    Application.SheetsInNewWorkbook = Def
         
End Sub
Dim Def As Long

変数DefをLong型で宣言します。

Dim AfChangeDef As Long

変数AfChangeDefをLong型で宣言します。

Def = Application.SheetsInNewWorkbook

シート枚数の初期値を取得します。

Application.SheetsInNewWorkbook = 5

シート枚数の設定数

Workbooks.Add

確認用のブックを作成します。

AfChangeDef = ActiveWorkbook.Worksheets.Count

シート枚数の取得

MsgBox "シート枚数が" & Def & "枚から" & AfChangeDef & "枚に変更されました"

メッセージボックスに表示します。

Application.SheetsInNewWorkbook = Def

設定した値はデフォルトとして保存されるため、初期値を取得して終了時に元の設定に戻しています。

●マクロの実行結果
新規ブックが作成されます。
ワークシート数が3枚から5枚に設定されました。

以上で「新規ブックのシート数を設定するマクロ」の説明を終わります。