開いているブックの数を表示するマクロ

開いているブックの数をCountプロパティで数えます。

数を表示するには、メッセージボックスを使って表示します。

開いているブックの数を表示するマクロ

Workbooks.Countプロパティで開いているブックの数を数えます。Long型のプロパティです。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル3230()

    MsgBox "現在開かれているブック数=" & Workbooks.Count
     
End Sub
MsgBox “現在開かれているブック数=” & Workbooks.Count 
’ Workbooks.Countでワークブックの数をカウントします。
メッセージボックスにワークブックの数を表示します。

●マクロの実行前の画像
2つのブックが開いています。

●マクロの実行結果
メッセージボックスに開いているブックの数が表示されます。

ブック名、パスを取得するマクロについては次の記事が参考になります。
■関連記事■ ブック名、パスを取得するマクロ

以上で「開いているブックの数を表示するマクロ」の説明を終わります。