ワークシートを移動するマクロ

同一ブック内でワークシートの位置を任意の場所に移動します。

このマクロでは、”Sheet1″をワークシートの2枚目に移動します。

移動の操作は、手動で「ドラッグ&ドロップ」で行うこともできます。

ワークシートを移動するマクロ

Sheets(“シート名”).Moveメソッド

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル4040()
 
    Sheets("Sheet4").Move After:=Sheets(2)
  
End Sub
Sheets("Sheet4").Move After:=Sheets(2)

ワークシート”Sheet4″を左から2番めにあるワークシート”Sheet3″の後ろに移動します。

●マクロの実行前の画像

●マクロの実行結果
2番めのシート”Sheet3″の後ろに移動します。

シート名を指定して移動する

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル4045()
 
    Sheets("Sheet3").Move Before:=Worksheets("Sheet1")
  
End Sub
Sheets("Sheet3").Move Before:=Worksheets("Sheet1")

ワークシート”Sheet3″をワークシート”Sheet1″の前に移動します。

●マクロの実行前の画像

●マクロの実行結果
2番めのシート”Sheet3″の後ろに移動します。

以上で「ワークシートを移動するマクロ」の説明を終わります。