シートをアクティブにするマクロ

ブックの中にシート “Sheet1″,”グラフ1” があるときに、それぞれのシートをアクティブにするマクロです。

Worksheets コレクションオブジェクトは、ワークシートだけを指定します。

Sheets コレクションオブジェクトは、すべてのシートコレクションを指定します。

Sheets(“シート名”).Activate メソッド

Sheets(“シート名”).Activate メソッドでシートをアクティブにするマクロです。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル4030()
   
    Worksheets("Sheet1").Activate
    MsgBox "Sheet1をアクティブにしました"
    
    Sheets("グラフ1").Activate
    MsgBox "グラフ1をアクティブにしました"
   
End Sub
Worksheets(”Sheet1”).Activate 
’ Sheet1をアクティブにします。

Worksheets(”グラフ1”).Activate 
’ ワークシートとグラフシートは種類が違うので、Worksheetsを使うとエラーになります。
これは、Worksheets コレクションオブジェクトが、ワークシートのみを指定するためです。

●マクロの実行結果
1.MsgBoxが表示され「Sheet1をアクティブにしました」と表示されます。

2.MsgBoxの「OK」をクリックすると、別のMsgBoxが表示され「グラフ1をアクティブにしました」と表示されます。

新しいシートを作成するマクロについては次の記事が参考になります。
■関連記事■ 新しいシートを作成するマクロ

以上で「シートをアクティブにするマクロ」の説明を終わります。