表を見やすくするには、罫線や背景色を整える事が必要です。罫線や背景色の書式を設定するマクロを用意しておけば、見やすい表を作ることができます。

スポンサーリンク

指定したセルの範囲に罫線を引く

次のようなデータに罫線を引く方法を説明します。

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル2055()

    Range("B3:E6").Select
    
    Selection.Borders(xlEdgeTop).LineStyle = xlContinuous
    Selection.Borders(xlEdgeBottom).LineStyle = xlContinuous
    Selection.Borders(xlInsideHorizontal).LineStyle = xlDot
    
    ActiveWindow.DisplayGridlines = False

End Sub
Range("B3:E6").Select

セルB3からセルE6を選択します。

Selection.Borders(xlEdgeTop).LineStyle = xlContinuous

上端に実線を引きます。

Selection.Borders(xlEdgeBottom).LineStyle = xlContinuous

下端に実線を引きます。

Selection.Borders(xlInsideHorizontal).LineStyle = xlDot

行方向に点線を引きます。

ActiveWindow.DisplayGridlines = False

表自体の枠線を消します。

●マクロの実行結果

BordersプロパティのIndexの種類

Index 説明 Index 説明
xlEdgeTop 上端 xlInsideHorizontal 内側の行方向
xlEdgeBottom 下端 xlInsideVertical 内側の列方向
xlEdgeLeft 左端 xlDiagonalDown 斜線(右下→左上)
xlEdgeRight 右端 xlDiagonalUp 斜線(左下→右上)

LineStyleプロパティの定数の種類

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル2060()

    Range("B3:E3").Borders(xlEdgeBottom).LineStyle = xlLineStyleNone
    Range("B4:E4").Borders(xlEdgeBottom).LineStyle = xlContinuous
    Range("B5:E5").Borders(xlEdgeBottom).LineStyle = xlDash
    Range("B6:E6").Borders(xlEdgeBottom).LineStyle = xlDashDot
    Range("B7:E7").Borders(xlEdgeBottom).LineStyle = xlDashDotDot
    Range("B8:E8").Borders(xlEdgeBottom).LineStyle = xlDot
    Range("B9:E9").Borders(xlEdgeBottom).LineStyle = xlDouble
    Range("B10:E10").Borders(xlEdgeBottom).LineStyle = xlSlantDashDot

    ActiveWindow.DisplayGridlines = False

End Sub
定数 説明 定数 説明
xlLineStyleNone 線なし xlDashDotDot 二点鎖線
xlContinuous 実線 xlDot 点線
xlDash 破線 xlDouble 二重線
xlDashDot 一点鎖線 xlSlantDashDot 斜破線

スポンサーリンク

セルの背景色を設定する

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル2065()

    Range("B3:E3").Select
    Selection.Interior.Color = RGB(144, 238, 144)
    
End Sub
Selection.Interior.Color = RGB(144, 238, 144)

選択した背景をRGB関数でlightgreen(ライトグリーン)にします。

RGB関数の数値は、色見本のサイトなどで知ることができます。

以上で「罫線と背景色を設定する」の説明を終わります。




おすすめの記事