セルの文字色や背景色を設定するマクロ

セルの文字色を指定するには、FontオブジェクトのColorプロパティやColorIndexプロパティを使います。

セルの背景色を指定するにはInteriorオブジェクトを取得して、ColorプロパティやColorIndexプロパティで指定します。

セルの文字色やセルの背景色を設定する

セルA3~セルF3のフォントの色と背景色を設定するマクロです。
コードの書き方は一つではありません。同じ結果になります。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル5002_1()

    With Range("A3:F3")
        .Font.Color = RGB(0, 112, 192)
        .Interior.Color = RGB(146, 208, 80)
        .Font.ColorIndex = 3
        .Interior.ColorIndex = 20
    End With
    
End Sub

• With Range(“A3:F3”)
 ’Withステートメント でセルA3~セルF3を指定します。

• Font.Color = RGB(0, 112, 192)
 ’文字の色を RGB関数 で指定します。

• Interior.Color = RGB(146, 208, 80)
 ’セルの背景色をRGB関数で指定します。

• Font.ColorIndex = 3
 ’ColorIndex番号 で文字色を「赤」にします。

• Interior.ColorIndex = 20
 ’ColorIndex番号で背景色を「薄い青」にします。

■ 色の値

■ RGB関数の戻り値の計算方法
RGB(赤、緑、青)として
戻り値=(赤の数値)+(緑の数値×256)+(青の数値×256の2乗)で計算します。

色の指定は カラーインデックス を使うと簡単です。

シートのタブの色を設定する

セルの色ではなくワークシートのタブの色を設定するには、次のようにコードを書きます。
コードの書き方は一つではありません。同じ結果になります。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル5002_2()

    ActiveSheet.Tab.ColorIndex = 4
    ActiveSheet.Tab.Color = RGB(0, 255, 0)
         
End Sub

• ActiveSheet.Tab.ColorIndex = 4
 ’ColorIndex番号で、タブの色を緑にします。
• ActiveSheet.Tab.Color = RGB(0, 255, 0)
 ’RGB関数で緑を指定します。

以上で「セルの文字色や背景色を設定するマクロ」の説明を終わります。