ウィンドウ枠を固定するマクロ

FreezePanesプロパティを使って、ウィンドウ枠を固定します。

このマクロでは、データ領域の1行目の項目がスクロールされても固定されます。

ある程度データが増えた時に、ウィンドウを固定するとデータがとても見やすくなります。

Workbooks(“ブック名”).FreezePanesプロパティ

ウィンドウ枠を固定するプロパティです。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル3210()
 
    Range("A1").CurrentRegion.Select
    ActiveCell.Offset(1, 1).Select
    ActiveWindow.FreezePanes = True
    'ActiveWindow.FreezePanes = False
    
End Sub
Range(“A1”).CurrentRegion.Select 
’ データ領域を取得します。
ActiveCell.Offset(1, 1).Select 
’ データエリアの左上端のセルから1行、1列先にあるセルを選択します。
ActiveWindow.FreezePanes = True 
’ ウィンドウ枠を固定します。
ActiveWindow.FreezePanes = False 
’ 引数を「False」にすると、ウィンドウ枠の固定を解除します。

●マクロ実行前の画像
一行目に、名前、住所、電話の項目が設定されている。
A列に、名前が入力されています。

●マクロの実行結果
1.マクロを「F8」で一行づつ実行します。
データ領域を選択します。

2.固定するセルを選択します。
ここでは、Offset(1,1)なので、セルB2になります。
もし、Offset(1,2)とすれば、セルC2になります。

3.一行、一列目が固定されました。

4.上にスクロールしても、一行目は固定されて移動しません。

アクティブウィンドウをコピーして開くについては次の記事が参考になります。
■関連記事■ アクティブウィンドウをコピーして開くマクロ

以上で「ウィンドウ枠を固定するマクロ」の説明を終わります。