アクティブウィンドウをコピーして開くマクロ

マクロを実行すると、アクティブウィンドウがコピーされて新しいウィンドウが開きます。

どれか一つのウィンドウのデータを変えると、他のウィンドウのデータも連動して変わります。

マクロを実行すると、複数のウィンドウを開くことができます。ウィンドウには、Book1:1、Book1:2、Book1:3 のように番号が付けられます。

Workbooks(“ブック名”).NewWindowメソッド

アクティブウィンドウをコピーして、新しくウィンドウを開きます。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル3200()
 
    ActiveWindow.NewWindow
     
End Sub
ActiveWindow.NewWindow 
’ 新しいウィンドウが開きます。

●マクロ実行前の画像

●マクロの実行結果
1.マクロを実行すると、アクティブウィンドウがコピーされて新しいウィンドウが開きます。

2.どれか一つのウィンドウのデータを変えると、他のウィンドウのデータも連動して変わります。
Book2のセルA10のデータを変えると、Book1のセルA10にも同じデータが入力されます。

3.続けてマクロを実行すると、複数のウィンドウを開くことができます。
ウィンドウには、Book1:1、Book1:2、Book1:3 のように番号が付けられます。

新規ブックを作成時にファイル形式を指定するマクロについては次の記事が参考になります。
■関連記事■ 新規ブックを作成時にファイル形式を指定するマクロ

以上で「アクティブウィンドウをコピーして開くマクロ」の説明を終わります。