ブック名、パスを取得するマクロ

アクティブブックのパスを取得します。

Pathプロパティは、アクティブブックが含まれるフォルダーのパスを返します。

パスとファイル名を連結するには、「& ”¥” &」として連結します。

パスは絶対パスが取得されます。

Workbooks(“ブック名”).pathプロパティ

アクティブブックの絶対パスを取得する、String型(文字列型)のプロパティです。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル3220()

    Dim MyPath As String
    Dim FName As String
     
    MyPath = ActiveWorkbook.Path
    FName = ActiveWorkbook.Name
    MsgBox MyPath & "\" & FName
     
    'MsgBox ActiveWorkbook.FullName
 
End Sub
Dim MyPath As String 
’ 変数MyPathを文字列型で宣言します。
Dim FName As String 
’ 変数FNameを文字列型で宣言します。
MyPath = ActiveWorkbook.Path 
’ ワークブックのパスを取得して、その値をMyPathに代入します。
FName = ActiveWorkbook.Name 
’ ワークブックの名前を取得して、FNameに代入します。
MsgBox MyPath & “\” & FName 
’ メッセージボックスにパスを表示します。
‘MsgBox ActiveWorkbook.FullName 
’ コメントにしてありますが、上のMsgBoxの記述と同じになります。

●マクロの実行結果
この例では、パス名は(‪C:\Users\***\Desktop\test.xlsm)となります。
ブックの絶対パスを取得することができます。

ウィンドウ枠を固定については次の記事が参考になります。
■関連記事■ ウィンドウ枠を固定するマクロ

以上で「ブック名、パスを取得するマクロ」の説明を終わります。