アクティブシートを削除するマクロ

シートを削除するためのマクロです。この例では、「Sheet1」をアクティブにしてから、目的のシートを削除しています。

シートを削除する前に、確認のメッセージが表示されます。

一度削除したシートは、元に戻せませんので注意が必要です。

アクティブシートを削除するマクロ

Worksheets(“シート名”).Deleteメソッドでアクティブシートを削除します。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル4120()
 
    Worksheets("Sheet1").Activate
    ActiveSheet.Delete
     
End Sub
Worksheets(“Sheet1”).Activate 
’ ワークシートの(“Sheet1”)をアクティブにします。
ActiveSheet.Delete 
’ アクティブになっているシートを削除します。

●マクロの実行前の画像
アクティブシートは、「Sheet1」です。

●マクロの実行結果
1.シート削除の確認画面です。

2.「Sheet1」が削除されました。

シート削除の確認画面を出さないでマクロを実行する

マクロを実行している画面で確認画面が出るのは面倒です。
DisplayAlerts = Falseプロパティを使うと確認画面を出さずに、マクロを実行することができます。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル4125()

    Application.DisplayAlerts = False
    
    ActiveSheet.Delete
     
End Sub

●マクロの実行結果
シート削除の確認画面を出さないで、マクロが実行されます。

ワークシートをコピーするマクロについては次の記事が参考になります。
■関連記事■ ワークシートをコピーするマクロ

以上で「アクティブシートを削除するマクロ」の説明を終わります。