ワークシートをコピーするマクロ

ワークシートのコピーを、Copyメソッドを使って指定した箇所へ作成する方法です。

ワークシートをコピーするマクロ

Sheets(“シート名”).Copyメソッドでワークシートをコピーします。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル4110()
 
    Sheets("Sheet1").Copy After:=Sheets("Sheet2")
     
End Sub
Sheets(“Sheet1”).Copy After:=Sheets(“Sheet2”)
’ ワークシート(“Sheet1”)をコピーして、ワークシート(“Sheet2”)の後に入れます。

●マクロの実行結果
「Sheet1」をコピーしたものが、「Sheet2」の後ろに挿入されます。

記述例 内 容
Sheets(“Sheet1”).Copy ワークシート(“Sheet1”)をコピーします。
Worksheets(“Sheet1”).Copy ワークシート(“Sheet1”)をコピーします。
Sheets(1).Copy ワークシート名に関係なく、1 番目のシートをコピーします。
Worksheets(2).Copy ワークシート名に関係なく、2 番目のシートをコピーします。
Copy After:=Sheets(“Sheet2”) ワークシート(“Sheet2”)の後に、コピーを入れます。
Copy Before:=Sheets(“Sheet2”) ワークシート(“Sheet2”)の前に、コピーを入れます。
シート見出しの表示と非表示については次の記事が参考になります。
■関連記事■ シート見出しの表示と非表示を設定するマクロ

以上で「ワークシートをコピーするマクロ」の説明を終わります。