新規ブックを作成時にファイル形式を指定するマクロ

新規にブックを作成する時に、ファイル名とファイルの種類を指定するマクロです。

Application.GetSaveAsFilename.メソッドを使うと、「名前をつけて保存」のダイアログが表示されるので、保存作、ファイル名、ファイルの種類を指定することができます。

新規ブックを作成時にファイル形式を指定するマクロ

Application.GetSaveAsFilename.メソッド

ファイル名を付けるために、「名前をつけて保存」のダイアログボックスを表示します。

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル3190()
 
    Dim WB As Workbook
    Dim FName As Variant
     
    MsgBox "新規のブックを作成します。"
     
    FName = Application.GetSaveAsFilename(InitialFileName:="Book", _
    fileFilter:="Excelファイル(*.xlsx),*.txt")
         
    If FName <> False Then
        Set WB = Workbooks.Add
        WB.SaveAs Filename:=FName, CreateBackup:=True
    End If
         
End Sub
Dim WB As Workbook

ワークブックを変数WBとして宣言します。

Dim FName As Variant

FNameをバリアント型で宣言します。

FName = Application.GetSaveAsFilename(InitialFileName:="Book", _
    fileFilter:="Excelファイル(*.xlsx),*.txt")

新規ブックの名前を入力します。保存されるファイルは「Book.xlsx」をデフォルト名に設定しています。

If FName <> False Then

ファイル名が入力されている場合は次へ行きます。

Set WB = Workbooks.Add

新規ブックを作成します。

WB.SaveAs Filename:=FName, CreateBackup:=True

新規ブックの名前を指定して、バックアップファイルを指定します。

●マクロの実行結果
1.メッセージボックスの表示

2.保存先、ファイル名の指定

3.「保存」クリックで新規ブックの作成。

以上で「新規ブックを作成時にファイル形式を指定するマクロ」の説明を終わります。