ワークブック内のシートを数えてメッセージボックスに表示します。

ワークシート以外のシート(グラフシートやダイアログシートなど)を含めて数えることもできます。

スポンサーリンク

ワークシート数を数えるマクロ

Worksheets.Countプロパティ

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル4170()
 
    MsgBox Worksheets.Count, vbOKOnly
    
End Sub
MsgBox Worksheets.Count, vbOKOnly

ワークシート数を数えて、メッセージボックスに表示します。

●マクロの実行結果
MsgBoxにワークシートの数が「3」と表示されます。

Sheets.Countプロパティ

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル4175()
 
    MsgBox Sheets.Count, vbOKOnly
    
End Sub

●マクロの実行結果
ワークシート以外のものも含めたシート数を数えます。
MsgBoxにすべてのシート数が「4」と表示されます。

スポンサーリンク

ワークシート名を順に表示するマクロ

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル4180()
    Dim i As Integer

    For i = 1 To Worksheets.Count
        MsgBox "シート名:" & Worksheets(i).Name
    Next i
    
End Sub
Dim i As Integer

変数 i を宣言します。

 For i = 1 To Worksheets.Count
        MsgBox "シート名:" & Worksheets(i).Name
    Next i

ワークシートの名前を順に調べて、メッセージボックスへ表示します。

●マクロの実行結果
ワークシート名を順に表示します。

以上で「ワークシート数を数えるマクロ」の説明を終わります。




おすすめの記事