選択したセル範囲の行数と列数を数える

選択したセル範囲の行数と列数を数える

選択したセル範囲の行数と列数をメッセージボックスに表示するマクロです。

Rows.Countプロパティで行数をColumns.Countプロパティで列数を数えます。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2700()

    Dim RowsCount As Long
    Dim ColumnsCount As Long
    
    Range("B2:D6").Select
    RowsCount = Selection.Rows.Count
    ColumnsCount = Selection.Columns.Count
    
    MsgBox "行数 = " & RowsCount & vbCrLf & _
           "列数 = " & ColumnsCount
          
End Sub
RowsCountとColumnsCountは変数の宣言です。

Dim RowsCount As Long
Dim ColumnsCount As Long
Rows.Countプロパティで行数を取得して、変数RowsCountに値を入れます。

RowsCount = Selection.Rows.Count

Columns.Countプロパティで列数を取得して、変数ColumnsCountに値を入れます。

ColumnsCount = Selection.Columns.Count
「行数=」のように文字列のときは、「ダブルクォーテーション」で囲みます。
数値などを接続するときは、「&」で囲みます。

MsgBox "行数 = " & RowsCount & vbCrLf & _
           "列数 = " & ColumnsCount

●マクロの実行結果
メッセージボックスに行数と列数が表示されます。

列を選択するマクロについては次の記事が参考になります。
■関連記事■ 列を選択するマクロ

以上で「選択したセル範囲の行数と列数を数える」の説明を終わります。