新しいシートを作成するマクロ

Sheet オブジェクトに Add メソッドで、新しいシートを作成します。

新しいシートは、アクティブシートの直前に作成されます。

Sheets.Addメソッドを使って新しいシートを作成する

Sheets.Addメソッドを使って新しいシートを作成します。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル4005()

    Sheets.Add

End Sub
Sheets.Add 
’ Addメソッドの引数を省略すると、アクティブシートの直前にワークシートが作成されます。

●マクロの実行結果
Sheet1 の前にワークシートが作成されました。

Worksheets.Add(Before, After)

Worksheets.Add(Before, After)でシートを挿入する位置を指定します。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル4010()

    Sheets.Add Before:=Worksheets("Sheet2")
     
End Sub
Sheets.Add Before:=Worksheets(“Sheet2”) 
’ ワークシートSheet2 の前にワークシートを作成します。

●マクロの実行結果

Sheets.Add After:=Worksheets(“Sheet2”) 
’ ワークシートSheet2 の後にワークシートを作成します。

Worksheets.Add(Before, After, Count)

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル4015()

    Sheets.Add after:=Worksheets("Sheet2"), Count:=2
     
End Sub
Sheets.Add after:=Worksheets(“Sheet2”), Count:=2 
’ 引数 Count で追加するシートの枚数を指定します。

●マクロの実行結果
ワークシート Sheet2 の後ろに、2枚のワークシートが作成されます。

Worksheets.Add(Before, After, Count,Type)

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル4020()

    Sheets.Add after:=Worksheets("Sheet2"), Count:=2, Type:=xlChart
     
End Sub
Sheets.Add after:=Worksheets(“Sheet2”), Count:=2, Type:=xlChart 
’ 引数 Type で追加するシートの種類を指定します。

●マクロの実行結果
ワークシート Sheet2 の後ろに、2枚のグラフシートが作成されます。

以上で「新しいシートを作成するマクロ」の説明を終わります。