ワークシートの非表示と表示のマクロ

Visible プロパティでワークシートの非表示と表示

ワークシートを非表示と表示にする Visible プロパティを説明します。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル3060()
  
    With ActiveWindow
      .Visible = False
      .Visible = True
    End With
     
End Sub
ActiveWindow
  .Visible = False 
’ すべてのシートを非表示にします。

●マクロの実行前

●マクロの実行結果

.Visible = True 
’ 再表示されます。

特定のシートの非表示と表示

ワークシート1 の非表示と表示をするマクロです。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル3065()
  
    With Worksheets("Sheet1")
    .Visible = False
    .Visible = True
    End With
     
End Sub
With Worksheets(“Sheet1”)
.Visible = False 
’ ワークシート1を非表示

●マクロを実行すると、ワークシート1が非表示と表示になります。

With Worksheets(“Sheet1”)
.Visible = True 
’ ワークシート1を再表示

●マクロを実行すると、ワークシート1が再表示と表示になります。

ブックの大きさの指定については次の記事が参考になります。
■関連記事■ ブックの大きさを指定する

以上で「ワークシートの非表示と表示のマクロ」の説明を終わります。