ワークシート名とセル番地を指定して、オブジェクトを指定します。

セルのサイズ変更とセルの背景を塗りつぶす方法を説明します。

また、セルの幅と高さを変更するプロパティの使い方を紹介します。

スポンサーリンク

VBAのコード

サンプル0035
 コード内でWクリックすると、全選択できます。
Sub セルのサイズ変更と塗りつぶし()
  With Worksheets("Sheet1").Range("A1")
    .Interior.ColorIndex = 5
    .ColumnWidth = 20
    .RowHeight = 20
  End With
 
  With Worksheets("Sheet2").Range("A1:C3")
    .Interior.ColorIndex = 6
    .ColumnWidth = 20
    .RowHeight = 20
  End With
End Sub

1.デスクトップに作成した「確認用マクロのコピー」を開いて、「Visual Basic」をクリックします。

2.「Visual Basic」の画面で「Module1」を開きます。

3.サンプル0035のコードをコピーして、「Module1のコードウィンドウ」に貼り付けます。

4.このマクロを実行すると、図のようなマクロが実行されます。
Sheet1のセルA1の背景が「青」に塗りつぶされます。

スポンサーリンク

コードの説明

1.ワークシートのSheet1のセル「A1」をオブジェクトに指定します。

1つのオブジェクトに対して、複数のプロパティを使う時は、Withステートメントを使います。
With Worksheets("Sheet1").Range("A1")

2.セルの背景を塗りつぶすには、InteriorオブジェクトのColorIndexプロパティを使って、塗りつぶす色のインデックス番号を設定します。
.Interior.ColorIndex = 5

3.セルの幅の変更は、Rangeオブジェクトの「ColumnWidth」プロパティを使います。

設定幅は、ポイント単位(1ポイント=約0.35mm)の整数で設定します。
.ColumnWidth = 20

4.セルの高さの設定は、Rangeオブジェクトの「RowHeight」プロパティを使います。
セルの高さの単位は、ピクセルを使います。
ピクセルは、ディスプレイの表示の出力の最小単位です。

セルの高さが13.50ポイントの場合は、ディスプレイ上では18ピクセルになります。
.RowHeight = 20

5.最後に、「End With」で閉じます。
With Worksheets(“Sheet1”).Range(“A1”)
    .Interior.ColorIndex = 5
    .ColumnWidth = 20
    .RowHeight = 20
End With

6.次に、セル範囲のオブジェクトを指定して、セルの塗りつぶしとセルのサイズ変更を設定します。
With Worksheets(“Sheet2”).Range(“A1:C3”)

7.対象となるセルの範囲を設定したら、後は同様にInteriorオブジェクトのColorIndexプロパティと、Rangeオブジェクトの「ColumnWidth」プロパティ、「RowHeight」プロパティを設定します。
With Worksheets(“Sheet2”).Range(“A1:C3”)
    .Interior.ColorIndex = 6
    .ColumnWidth = 20
    .RowHeight = 20
End With

8.完成したマクロを実行すると、2つのワークシートのセルが塗りつぶしとセルのサイズが変更されます。

スポンサーリンク

ColorプロパティとRGB関数

上のマクロでは、セルの背景を塗りつぶすのに、ColorIndexプロパティを使いました。

しかし、ColorIndexプロパティの色数は、限られています。

好きな色を自由に使いたい場合は、Colorプロパティを使うと良いでしょう。

上のマクロをColorプロパティで置き換えると次のようになります。

サンプル0040
Sub セルのサイズ変更と塗りつぶし2()
  With Worksheets(“Sheet1”).Range(“A1”)
    .Interior.Color = RGB(0, 0, 255)
    .ColumnWidth = 20
    .RowHeight = 20
  End With
 
  With Worksheets(“Sheet2”).Range(“A1:C3”)
    .Interior.Color = RGB(255, 255, 0)
    .ColumnWidth = 20
    .RowHeight = 20
  End With
End Sub

ColorIndex = 5(青) はColor = RGB(0, 0, 255)
ColorIndex = 6(黃) はColor = RGB(255, 255, 0)となります。

以上で「セルのサイズ変更と塗りつぶしのマクロ」の説明を終わります。




おすすめの記事