Tabキーによるインデント

Tabキーによるインデント

VBAのコードを記述する時に、Tabキーにより正しくインデントされたコードは、読みやすくまた記述ミスを防ぐことができます。

Tabキーでインデントされる文字数は好きな数に設定することができます。

VB Editorの「ツール」→「オプション」から設定できます。

「自動インデント」をチェックしておくと、インデントで改行した時に、自動的に次の行がインデントされます。

以上で「Tabキーによるインデント」の説明を終わります。