ブックを上書き保存するマクロ

Saveメソッドは、ブックを終了する時に保存します。

ブックの変更の有無にかかわらず、上書き保存するものです。

ブックを上書き保存するためには、前もって保存しておく必要があります。

保存していない場合は、保存する作業をすることになります。

ブックを上書き保存するマクロ

ブックを上書き保存するには、Workbooks(“ブック名”).Saveメソッドを使います。

デスクトップにBook1を作り保存しておきます。

次のコードを確認用マクロのコピーに記述します。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル3150()

    Workbooks("Book1").Save
    
End Sub

Book1を開いて、のセルA3に例えば「ブックを上書き保存します」と入力します。

●マクロの実行結果
変化がないようですが上書き保存されますので、このままブックを閉じることができます。

メッセージボックスで保存を確認する

次のマクロは、メッセージボックスで上書き保存をするかどうかの確認します。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル3155()
 
    Dim R As Integer
    R = MsgBox("ワークブックを上書き保存します。", vbYesNo)
    If R = vbYes Then
        ActiveWorkbook.Save
    End If
        
End Sub

●マクロの実行結果
「はい」をクリックすると「上書き保存」されます。
「いいえ」をクリックすると保存しないで画面に戻ります。

ブックを保存については次の記事が参考になります。
■関連記事■ ブックを保存してから閉じるマクロ

以上で「ブックを上書き保存するマクロ」の説明を終わります。