指定したフォルダにあるファイルを開く方法を説明します。

指定したファイルを開くには、ファイルのある場所を指定してマクロで開きます。

ファイルのある場所のことをパスと言います。パスの調べ方も説明しています。

スポンサーリンク

フォルダの中にあるExcelファイルを開く方法

前もって、開こうとするフォルダにブックを保存しておきます。

1.ここでは、デスクトップに「VBsample」というフォルダを作り、その中に「sample.xlsx」というブックを保存しておきます。

2.「sample」の内容は、マクロで開くためのものなので内容は適当で構いません。

3.FileNameの調べ方(ファイルの場所のことを、ファイルパスといいます。)
パスを調べるファイルを「右クリック」して、「プロパティ」を開きます。

4.プロパティの「セキュリティ」タブを開くと、オブジェクト名が「パス」になります。
これをコピーして、貼り付ければOKです。

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル3120()
 
    Workbooks.Open Filename:= _
    "C:\Users\***\Desktop\VBsample\sample.xlsx"
     
End Sub

Openメソッドを使って、ファイルを開きます。

●マクロの実行結果

以上で「指定したフォルダのブックを開くマクロ」の説明を終わります。




関連キーワード
おすすめの記事