アクティブセルにデータを入力するマクロ

アクティブセルにデータを入力するには、ActiveCellプロパティを使います。

ActiveCellプロパティの対象オブジェクトは、Windowオブジェクトであり、Worksheetオブジェクトではありません。

ActiveCellプロパティのオブジェクトを省略した場合は、アクティブウィンドウのアクティブシートのアクティブセルを取得することができます。

Windowオブジェクトを使うと、各ウィンドウのアクティブセルが返されることになります。

アクティブセルの操作

 

Book1とBook2のWindowが開いています。
Book1のアクティブセルは「B2」、Book2のアクティブセルは「B4」です。

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル2560()

    Windows("Book1").ActiveCell.Value = 1000
    Windows("Book2").ActiveCell.Value = 2000

End Sub
Windows("Book1").ActiveCell.Value = 1000

Book1のアクティブセルB2へ1000を代入します。

Windows("Book2").ActiveCell.Value = 1000

Book2のアクティブセルB4へ2000を代入します。

●マクロの実行結果

アクティブセルの指定

アクティブセルを指定するには、Activateメソッドを使います。
いくつかのBookが開いているときは、Bookから指定します。

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル2565()

    Windows("Book1").Activate
    Worksheets("Sheet3").Activate
    Range("B5").Activate
    ActiveCell.Font.Bold = True
    ActiveCell.Value = "サンプル"

End Sub
Windows("Book1").Activate

Book1をアクティブにします。

Worksheets("Sheet3").Activate

Worksheet3をアクティブにします。

Range("B5").Activate

セルB5をアクティブセルにします。

ActiveCell.Font.Bold = True

アクティブセルのフォントを「太字」にします。

ActiveCell.Value = "サンプル"

アクティブセルに「サンプル」を代入します。

●マクロの実行結果

開いているウィンドウのアクティブセルにデータを入れる

現在開いているウィンドウのアクティブセルにデータを入れるマクロの例

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル2570()
  
    Dim i As Integer
      
    For i = 1 To Windows.Count
        Windows(i).ActiveCell.Value = 3000
    Next i
      
End Sub

●マクロの実行結果

以上で「アクティブセルにデータを入力するマクロ」の説明を終わります。