エクセルウィンドウの表示サイズを設定するマクロです。
表示サイズの大きさは、「最大表示」「最小表示(アイコン化)」「標準サイズ」などの種類があります。

スポンサーリンク

Excelウィンドウの表示サイズを設定する

xlMaximizedで最大化

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル3010()
 
    Application.WindowState = xlMaximized
     
End Sub
Application.WindowState = xlMaximized

xlMaximizedでウィンドウが最大化されます。

●マクロの実行結果

xlNormalで標準の大きさ

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル3015()
 
    Application.WindowState = xlNormal

End Sub
Application.WindowState = xlNormal

xlNormalで標準の大きさになります。

●マクロの実行結果

xlMinimizedで最小化

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル3020()
    
    Application.WindowState = xlMinimized
        
End Sub
Application.WindowState = xlMinimized

xlMinimizedで最小化することができます。

スポンサーリンク

Excelのウィンドウをフルスクリーンにする

フルスクリーンは最大化と異なり、Excelのタイトルバーが表示されなくなります。

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル3025()
 
    Application.DisplayFullScreen = True
 
End Sub
Application.DisplayFullScreen = True

DisplayFullScreen = Trueでフルスクリーンになります。

●マクロの実行結果
Excelのタイトルバーが表示されなくなります。

フルスクリーンをもとに戻す

サンプルコード
 コード内、Wクリックでコピーできます。
Sub サンプル3030()
 
    Application.DisplayFullScreen = False
 
End Sub
DisplayFullScreen = False

TrueをFalseにすると、もとに戻ります。

●マクロの実行結果

以上で「Excelウィンドウの表示サイズを設定する」の説明を終わります。




おすすめの記事