ワークシート名を変更するマクロ

ワークシートの名前「Sheet1」を「ワークシート1」に変更する方法です。

ブックの左下のシート見出しが変更されます。

ワークシートには、それぞれ「オブジェクト名」と「名前」があります。

名前を変えてもオブジェクト名は変わりません。

ワークシート名を変更するマクロ

Worksheets(“シート名”).Nameプロパティでワークシート名を変更します。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル4200()
 
    Worksheets("Sheet1").Name = "ワークシート1"
  
End Sub

●マクロの実行結果
Sheet1 が「ワークシート1」に変わリます。

オブジェクト名と名前の違い

VBEの画面で説明すると、次のようになります。
名前は変更されますが、オブジェクト名は変更されません。

セルの値をシート名にするマクロ

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル4205()

    Range("C2").Select
    Worksheets(1).Range("C2") = "6月分"
    ActiveSheet.Name = ActiveCell.Value
  
End Sub
Worksheets(1).Range(“C2”) = “6月分” 
’ セルC2に”6月分”を入力します。

ActiveSheet.Name = ActiveCell.Value 
’ アクティブセルの値を、シート名にします。

ワークシート数を数えるマクロについては次の記事が参考になります。
■関連記事■ ワークシート数を数えるマクロ

以上で「ワークシート名を変更するマクロ」の説明を終わります。