操作するセルを指定する

納品書などのテンプレートを使い回すときに、数値を入れすセルなどのデータを入力したり消去したりします。

ここでは、操作するセルを指定する方法を説明します。

RangeやCellsを使ってセルを指定する

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2015()
  
    Range("B3").Value = "マクロ"
    Range("C3:G5").Value = 15
      
    Cells(5, 2).Value = 40
    Range(Cells(7, 2), Cells(8, 6)).Value = "★"
     
End Sub

■ Range(“B3”).Value = “マクロ”
Range(“B3”)でセルB3を指定します。

■ Range(“C3:G5”).Value = 15
Range(“C3:G5”)でセルの範囲を指定します。

■ Cells(5, 2).Value = 40
Cells(5, 2).Valueを使うときは、Cells(行,列)に行と列の数値を入れます。
Cells(5, 2).Valueは、セルB5を指定します。

■ Range(Cells(7, 2), Cells(8, 6)).Value
Cellsプロパティで、セルの範囲を指定するときの書き方です。

●マクロの実行結果  

SelectionとActiveCellを使ってセルを指定する

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル2020()
   
    Range("B2:C5").Select
    Selection.Value = "Excel"
    ActiveCell.Value = "マクロ"
      
End Sub

■ Range(“B2:C5”).Select
セルB2からセルC5を指定します。

■ Selection.Value = “Excel”
指定したセルに、”Excel”を入力します。

■ ActiveCell.Value = “マクロ”
アクティブになっているセルを指定して、”マクロ”を入力します。

Valueプロパティの省略については次の記事が参考になります。
■関連記事■ Valueプロパティの省略

以上で「操作するセルを指定する」の説明を終わります。