セル範囲の縮小と拡張

特定のセルを基準にして○行分・○列分のセルを参照したり、あるセル範囲を縮小・拡張して参照することができます。
セル範囲を縮小・拡張して参照するには、RangeオブジェクトのResizeプロパティを使用します。

セル範囲を縮小・拡張して参照する

★ セル範囲を縮小して参照する。

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル5395_1()
 
    Range("A2").Resize(4, 2).Select
      
End Sub

• Range(“A2”).Resize(4, 2).Select
 ’セルA2を基準にして、4行、2列の範囲を参照します。

●マクロの実行前

●マクロの実行結果
セルA2を含んで、4行、2列の範囲を選択します。

表の項目以外のセルを選択する

★ 表の項目以外のセルを選択する

  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル5395_2()

    Dim CW As Range
    Set CW = Range("A2").CurrentRegion
 
    CW.Offset(1, 1).Resize(CW.Rows.Count - 1, _
    CW.Columns.Count - 1).Select
          
End Sub

• Dim CW As Range
 ’変数CWを宣言します。
• Set CW = Range(“A2”).CurrentRegion
 ’セルA2を基準とした表を選択し、変数CWへ収納します。
• CW.Offset(1, 1).Resize(CW.Rows.Count – 1, _
CW.Columns.Count – 1).Select
 ’セル範囲を1行下で1列右へずらします。
次にセル範囲より1行少なく、1列少ない範囲を選択します

●マクロの実行結果

以上で「セル範囲の縮小と拡張」の説明を終わります。