アクティブセルのアドレスを取得する

アクティブセルのアドレスを取得して、メッセージボックスに表示します。

A1形式のアドレスを取得するには、Addressプロパティを使います。

指定セルの行番号と列番号を取得する

Rowプロパティで行番号を取得し、Columnプロパティで列番号を取得します。

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル2580()
 
    Dim Row As Integer
    Dim Col As Integer
     
    Row = ActiveCell.Row
    Col = ActiveCell.Column
    MsgBox "アクティブセルは(" & Row & ":" & Col & ")です"

End Sub
Row = ActiveCell.Row

Rowプロパティでアクティブセルの「行番号」を取得します。

Col = ActiveCell.Column

Columnプロパティでアクティブセルの「列番号」を取得します。

MsgBox "アクティブセルは(" & Row & ":" & Col & ")です"

メッセージボックスに行番号と列番号を表示します。

●マクロの実行結果

A1形式でアドレスを取得する

A1形式でアドレスを取得するには、Addressプロパティを使います。

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル2585()
 
    MsgBox ActiveCell.Address

End Sub
MsgBox ActiveCell.Address

Addressプロパティでアドレスを取得して、メッセージボックスに表示します。
Addressプロパティはアドレスを絶対参照で、表示します。

●マクロの実行結果

A1形式でアドレスの相対参照を取得する

サンプルコード
[aside type=”normal”]コード内、Wクリックでコピーできます。[/aside]
Sub サンプル2590()
 
    MsgBox ActiveCell.Address(RowAbsolute:=False, ColumnAbsolute:=False)

End Sub
ActiveCell.Address(RowAbsolute:=False, ColumnAbsolute:=False)

アドレスを相対参照で取得します。

●マクロの実行結果

以上で「アクティブセルのアドレスを取得する」の説明を終わります。