エクセルでワークシートを追加する方法です。

ワークシートを手動で追加する方法
マクロの記録で追加する方法 
VBAでマクロのコードを見る方法 について説明します。
スポンサーリンク

ワークシートの追加方法

エクセルの操作を手動でする場合

1.エクセル画面を開き、ワークシートタブを「右クリック」します。
メニューの「挿入」をクリックします。

2.ワークシートのダイアログが開きますので、必要なものを選択して「OK」をクリックします。

3.ワークシートを選択してクリックすると、「Sheet4」が追加されました。

マクロの記録を使った場合

上記のエクセルの操作を「マクロの記録」を使って、ワークシートを追加するには次の操作をします。

1.エクセル画面の「開発」>「マクロの記録」から、マクロの記録を開始します。
2.マクロ名(シート追加)を入力します。
3.Sheet1のタブを「右クリック」します。
4.メニューの「挿入」をクリックします。
5.ダイアログでワークシートが選択されているのを確認します。
6.「OK」をクリックします。
7.「マクロの記録」を終了します。
 開発タブの「Visual Basic」を開くと、コードが見られます。
Sub シート追加()
'
' シート追加 Macro
'
    Sheets("Sheet1").Select
    Sheets.Add
End Sub

以上で「ワークシートを追加するマクロの記録」の説明を終わります。




おすすめの記事