ワークシートを追加するマクロの記録

エクセルのワークシートを追加する方法を説明します。

エクセルのシートを手動で追加する方法とマクロの記録を使って追加する方法について説明します。

ワークシートを手動で追加する方法

1.エクセル画面を開き、ワークシートタブを「右クリック」します。
メニューの「挿入」をクリックします。

2.ワークシートのダイアログが開きますので、必要なものを選択して「OK」をクリックします。

3.ワークシートを選択してクリックすると、「Sheet4」が追加されました。

マクロの記録でワークシートの追加をする方法

上記の手動のエクセルの操作を「マクロの記録」を使って、ワークシートを追加するには次の操作をします。

マクロの記録の操作

  1. エクセル画面の「開発」>「マクロの記録」から、マクロの記録を開始します。
  2. マクロ名(シート追加)を入力します。
  3. Sheet1のタブを「右クリック」します。
  4. メニューの「挿入」をクリックします。
  5. ダイアログでワークシートが選択されているのを確認します。
  6. 「OK」をクリックします。
  7. 「マクロの記録」を終了します。
開発タブの「Visual Basic」を開くと、コードが見られます。
  ■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub シート追加()
'
' シート追加 Macro
'
    Sheets("Sheet1").Select
    Sheets.Add
End Sub
マクロの記録の作成手順と使い方については次の記事が参考になります。
■関連記事■ マクロの記録の作成手順と使い方

以上で「ワークシートを追加するマクロの記録」の説明を終わります。